ホーム > 学校長から-校長挨拶

東京都立広尾高等学校
校長 佐 藤 和 彦

 本校は、昭和25年に渋谷区の閑静な住宅地である氷川地区に設立され、間もなく70周年を迎える全日制普通科高校です。恵比寿と渋谷、さらには代官山が最寄り駅という、交通至便な校地に、600人余りの生徒が学んでいます。
本校がめざすのは、都立の中堅校として、学習指導、生活指導、進路指導等を通して、生徒の資質・能力を伸ばし、自立した社会人として必要な学力を確実に身に付ける学校です。そのために、「学力の向上による希望進路の実現」、「活力のある学校生活の実現」、「地域等との連携と情報発信の実現」を学校経営の柱として、教職員が一丸となった教育を実践しています。
「学力の向上による希望進路の実現」については、「一般受験のすすめ」を合言葉に、志望校合格に向けて努力をする生徒への指導を、授業などを中心に行っています。さらに、自習室の設置とコーチング・スタッフによる学習支援、夏休みの勉強合宿、予備校講師による講習など、進学実績の向上のための取組を実施しています。
「活力のある学校生活の実現」については、30部近くの運動部と文化部が、活発な活動を行っています。部活動への加入率も100%を超えるとともに、その実績も都立高校で有数のものになっています。
「地域等との連携と情報発信の実現」については、広尾中学校との連携型中高一貫教育、國學院大學との高大連携、渋谷区などの行事への参加などに積極的に取り組んでいます。
中学生の皆さん、ぜひ一度、広尾高校を見に来てください。きちんとした身だしなみと気持ちの良い挨拶、勉強や部活動への真剣な取り組み、他人を思いやる優しい心など、本校の生徒の素晴らしさを、きっと実感してもらえるはずです。そして、本校が安心して学べる高校であることがわかるはずです。そんな広尾高校を気に入っていただけたならば、本校で充実した3年間の高校生活を送りましょう。広尾高校は、歴史ある良い校風を受け継いでくれる、皆さんの入学を待っています。













このページのトップへ